アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
波止場

postheadericon 教習所で取得可能

ボート免許を取得するには、教習所に通う方法があります。
これは自動車免許と同じように決められた時限数の教習を受ける必要があります。
また各項目ごとに見極めがあるものとなっており、各見極めをクリアする必要があります。
教習所では、学科と実習があります。
それぞれ定められた時限があります。
またボートを実際に操縦する教習があることから、はじめは係留の方法などを座学で学ぶことになります。
料金は教習所によって異なっています。

合宿でも取得可能
ボート免許は教習所に通う方法以外に合宿でも取得することができます。
合宿で免許を取得するメリットとして、最短でも取得が可能となっていることです。
合宿の場合は、入所後に自ら教習の予約を取る必要がありません。
初めから卒業までプランが組まれているものとなっており、最短でも取得をすることができます。
また合宿プランでは、免許を取得するにあたって必要となる宿泊費用も込みとなっており、追加費用は基本的に不要となっています。

操縦室

postheadericon 短時間で免許取得

最後の一つはスクールに通うことなく、独学で勉強し国家試験を受験する方法です。
学科については独学でも可能ですが、実技試験では船の操縦が必要なため、実技だけ教習所に通う人もいます。
またボート免許を取得したいけれど時間をかけられないという人には、教習所での合宿による免許取得がおすすめです。
一泊二日や二泊三日のコースがあり、講習から実技、学科試験まで一気に受けることができます。
仕事が忙しい人や急いで免許をとりたいという人にぴったりです。

種類がある免許
ボート免許には種類があります。
この種類は、操縦しようとするボートの大きさや乗ろうとしている場所によって、必要となる免許が異なっています。
ボート免許の種類は、4種類存在しています。
その種類は、小型特殊、2級湖川小出力限定、2級、1級と分けられており、船舶の大きさ、出力、航行区域によって異なっています。
また受験が可能となる年齢も異なっており、1級以外は15歳9か月でも受験が可能となっており、1級は17歳9か月です。

海風が気持ちいい

postheadericon 免許の種類

一般的にボート免許と呼ばれていますが、正式には小型船舶操縦免許証といいます。
国土交通大臣が発行する国家資格で、エンジンのついたボートやヨット、水上オートバイに乗る場合には必須となります。
免許の種類は、湖川、特殊、2級、1級があります。
それぞれ操縦ができる船の大きさや、航行水域によって分けられてます。
最上位の1級小型船舶操縦士免許では、船の大きさが総トン数20トン未満、航行水域は外洋を含むすべての水域で運航が可能です。

免許の取り方
ボート免許を取るには、学科試験と実技試験、身体検査に合格しなくてはいけません。
まず学科試験に必要な知識と、実技試験のための操船方法を学ぶ必要があります。
主に次の三つの方法があります。
一つは国土交通省に登録されている小型船舶教習所に入校し、免許取得を目指す方法です。
このコースでは修了試験に合格すると、身体検査を除く国家試験が免除される利点があります。
もう一つは、民間の免許スクールの講習を受け、国家試験を受験する方法です。
講習日程や費用はなど様々で、教習所に比べると価格は安く設定されています。